旅行の楽しみ方や、おすすめのポイントなどを紹介しているサイトです。

休みを楽しもう!!

スポンサーリンク

ヒリゾ浜持ち物

ヒリゾ浜に持って行った方が良い!持ち物ランキングトップ5

ヒリゾ浜にいくと、海の家はもちろんシャワーやトイレもないです。
普通の海の感覚で行くと大怪我やせっかくのヒリゾ浜を楽しめません。

そんなヒリゾ浜に持って行った方がいい持ち物のランキングを参考に、是非ヒリゾ浜を楽しみましょう。

2位ライフジャケット

3位マリンシューズ

4位ドームテント

5位ラッシュガードorフィン

持参するものはシュノーケリングや海水浴に必要なもの、食事、飲み物です。
海水浴場みたく「海の家」はないので、昼飯・おやつ・飲料水(保冷バッグに入れて持って行きましょう。

注意ポイント

BBQは禁止です(っていうか火気厳禁なのでガスコンロ自体持ち込み不可、テント内でも禁止)。


ただし、一度渡し舟に乗船すれば何度で往復でき、買い忘れても戻れます。
でも、シュノーケリングや海水浴に必要なものはあらかじめ用意して持っていくか、現地でも購入できますので、乗船前に必要なものを揃えておきましょう。

確実に無いと困るもの、というか無いとヒリゾ浜を楽しめない物。

水中でつけるマスクゴーグルとシュノーケルのセット。ヒリゾ浜ではかなり深く潜れるスポットがあるので、フィンも必要です。また塩の流れが強いところもあるため、流されないためにもフィンが必要です。

ライフジャケットマリンシューズも無いと結構こまります。海に浮かんでプカプカしながら、魚をゆっくりみるためにはライフジャケットの力が無いと、ゆっくり見てもいられないです。

またマリンシューズは移動の時にかなり重宝します。むしろ無いとケガします。。普通の海と違って砂浜ではなく、岩場ばかりなので、ビーチサンダルでは、逆に浮いた存在になりかねません。

ウェットスーツはあっても無くても大丈夫です、というか天候によります。気温が低く寒ければあった方が寒く無くて良いです。また水中でケガや日焼けをしたく無い人にも向いています。

これらをふまえて自分が何をレンタルするのかを決めてもいいかと思います。

温水シャワーもありますが、おすすめは静岡ならではの、周りに温泉がたくさんあるので、帰りに日帰り温泉なんていうのもいいかと思います。

 

ヒリゾ浜に行くならあった方が良い便利な持ち物

  • 水中ゴーグル
  • シュノーケル
  • ライフジャケット
  • マリンシューズ、フィン
  • ラッシュガードor海パン
  • グローブor軍手でも大丈夫
  • ドームテント
  • アウトドア用の椅子
  • クーラーボックス
  • タオルorバスタオル
  • レジャーシート
  • ワセリン(クラゲに刺されたら)
  • 着替え
  • 水中カメラ
  • 防水カバン
  • 上記の物をまとめるメッシュバック

こんなところでしょうか。

 

あとはヒリゾ浜に着いたら海の家は無いので、食べ物、飲み物があればとりあえずは、ヒリゾ浜を楽しめるでしょう!!

ヒリゾ浜は遊泳エリアがかなり広いです。楽しむためにも準備は必須です。

 

ヒリゾ浜のレンタル料金について。レンタルできるものは?

  • マスク1000円
  • シュノーケル1000円
  • フィン1000円
  • マリンシューズ1000円
  • ウェットスーツ2000円
  • ライフジャケット1000円
  • 温水シャワー500円

あたりです。

 

ヒリゾ浜の帰りには着替えなども持ち物リストに!

 

中木渡し船情報

ちなみに駐車料金は1000円です。

乗船券1500円 (大人〜中学生)子供500円(4歳〜小学生)

トイレの横にあるテントみたいなところで、乗船券は購入できます。船では買えないので事前に買っておきましょう。

受付時間 8:00〜 最終16:30

中木漁港〜ヒリゾ浜までは5分程度

 

ヒリゾ浜で注意したい事

気になる駐車場事情ですが、満車になった時点で一旦閉鎖されてしまいます。特にお盆などの時期は早い段階で満車になってしまいますので、あまりにも心配な方は早めに行くことをおすすめします。

ちなみにお盆に行った時は朝方4時に着いた時点で渋滞が発生していました。

またヒリゾ浜にはライフセイバーがいなかったのですが、今年からライフセイバーが配備されるそうなので安心ですが、かなり深いところもありますので、小さいお子様がいる人は注意しましょう!!

行き方は中木の港にある乗船場に行ってください。

予約は不要です。

予約不要と言ったのは、クルマを駐車する必要があるので、その台数に見合った人数しか渡れません。前日お泊りだと気が楽なんですが・・・。浜に行けば泳げます。

 

ヒリゾ浜に車中泊する場合の持ち物

前乗りしてヒリゾ浜に行く人は車中泊用の持ち物も確認しておきましょう。

  • アイマスク
  • ネックピロー
  • スマホの充電用カーチャージャー
  • ブランケット
  • 車用遮光カバー

【アイマスク】耳栓・光・音を遮断

【ネックピロー】

【スマホの充電用カーチャージャー】

【ブランケット】

【車用遮光カバー】

ちなみにヒリゾ浜の車中泊の料金は2,000円です。

できれば事前に近くの宿泊施設などを利用するか、前日からか朝方1時〜2時くらいに入れば確実に駐車場は確保出来るかと思います。

是非参考にしてみてください。

ヒリゾ浜周辺の宿は?おすすめのホテル5選・民宿5選どっちにする?

ヒリゾ浜は近年SNSやネットなどのおかげで、かなり知名度も上がっており、かなりの人気スポットになってきています。 ヒリゾ浜は「秘境」とも呼ばれており運が悪いとなかなかたどり着けません。 それもそのはず ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ヒリゾ浜持ち物

Copyright© 休みを楽しもう!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.